電熱ヒーターや食品乾燥機について│効率的な使用法を紹介

様々なメリットがあります

笑顔の男性

天日干しで乾燥食品をつくるとなると、天候や住宅環境によっては作れないことがあります。しかし、食品乾燥機を使うことでそのような心配をする必要はありません。また、乾燥させることで栄養的になり、防腐効果もあるようです。

Read More...

安全に使用するために

電化製品

電熱ヒーターは便利な暖房器具ですが、使用法を誤ると火事などが発生することがあります。タコ足配線やコンセントの誤った使用法、ヒーターを乾燥機代わりに使用することは危険なので、止めるようにしましょう。

Read More...

ぴったりのサイズを選ぼう

キッチン

乾燥食品を作りたいと考えている方は、天日干しよりも効率的に作ることが可能な食品乾燥機をおすすめします。購入の際は、家族の人数や食べる量に合わせた大きさの乾燥機を選ぶことが大切です。

Read More...

節電効果を得たいなら

生活用品

暖房として電熱ヒーターを使用している家庭は多いと思います。しかし、節電が叫ばれる昨今、どのような電熱ヒーターを使えば電気代を節約できるのか頭を悩ませている方は、少なからず存在します。電気代が最もかからないとされている電熱ヒーターは、電気毛布だと言われています。電気毛布は、電気が流れることで毛布全体が暖かくなるものです。これに座ると体を下半身から、じんわり温めてくれます。室内の全てを暖めることはできませんが、体を部分的に暖めるには最適なものです。次に省エネだとされているのが、コタツです。コタツは昔から日本人にとって使用頻度が高い暖房器具ですが、電熱ヒーターとして普及したのは高度経済成長以後だとされています。これは電気毛布と同様に、室内を暖めることはできません。しかし、コタツに入ることで電気毛布以上に体全体を暖めることが可能です。広い範囲で使える割に、そこまで広いスペースをとらないため、一人暮らしの方でも使用しています。最近ではセンサー機能が充実しているコタツがあるため、人がいないことを察知すると、自動的にコタツの電源を切ってくれます。コタツの電源を切り忘れて電気代が高くなったという経験を持っている方には、助かる機能です。エアコンはコタツに次いで節電できます。そのメリットは何といっても、部屋全体を暖めることです。電気毛布やコタツはその場から動くことができないため、家事などで部屋を動き回ることができません。しかし、エアコンがあれば部屋のどこにいようと、暖かく過ごすことができます。また、電気毛布が大きさにもよりますが、一人分向けの暖房器具に対して、エアコンは家族全員が暖かくなることが可能です。そのため、部屋の人数が多い方はかえってエアコンの方が節電効果が高いかもしれません。電熱ヒーターで節電しよう考えると、暖めたい場所や人数によって、どのヒーターがお得かというのは変化することが分かります。自分の生活に合った電熱ヒーターを選ぶことが、効果的な節電に繋がるのです。